Loading...

光触媒テクノロジー

カルテックの光触媒テクノロジー

吸着フィルターなしでも 脱臭・除菌力がちがう光触媒技術

吸着フィルターを搭載しない、光触媒のみで除菌・脱臭が可能な「除菌・脱臭デバイス」は業界初※2
優れた光触媒材料の開発力とその反応率を限界まで向上させる製品開発力により、これまでにない圧倒的なパフォーマンスでお部屋の除菌・脱臭を実現します。

吸着フィルターを搭載しない、壁掛けタイプの除菌脱臭機では業界初(当社調べ)

カルテックの光触媒テクノロジー

カルテックの商品開発力

カルテック独自の機構設計で 反応効率を最大限に発揮!

優れた光触媒材料の開発力とその反応率を限界まで向上させる製品開発力により、これまでにない圧倒的なパフォーマンスでお部屋の除菌・脱臭を実現します。

KL-W01 イメージ

KL-W01 イメージ

光触媒 除菌・脱臭機/ターンド・ケイ[TURNED K]
KL-W01壁掛タイプ

KL-B01 イメージ

KL-B01 イメージ

光触媒 除菌・脱臭機/ターンド・ケイ[TURNED K]
KL-B01脱臭LED電球


従来の光触媒との違い

従来の光触媒当社採用の光触媒
結晶構造 アナターゼ型結晶系
(励起波長 388nm以下)
ルチル型結晶系
+金属助触媒修飾の結晶制御による
ルチル型柱状結晶を採用
(励起波長 413nm以下)
光源 UVランプ、ブラックライト
(従来技術)
可視光LEDを採用(400nm以上)
特徴
(課題)
  • 紫外線でしか反応しない。(人体、筐体ダメージが懸念)
  • 球状の結晶であり、結晶内に酸化、還元の触媒の活性部位が混在するために、逆反応による再結合により失活する確率が高い
  • 励起した正孔(h+)、電子(e-)の再結合抑制効果
  • 450nm光まで光励起を実現


光触媒として用いられる酸化チタンの結晶系
アナターゼ型ルチル型
バンドギャップエネルギー3.2eV3.0eV
<光波長換算>
有効光波長388nm413nm

※電子が自由に動き回るのに必要なエネルギー

ご購入はこちらamazon